自分に似合う色のウェディングドレスを通販で購入しましょう

自分に似合う色のウェディングドレスを通販で購入しましょう

ウェディングドレスを購入するなら自分に似合う白を知ろう

箱に入った洋服

同じ白であっても色々な種類があるというのを、ご存知でしょうか。
日本ではウェディングドレス=白というイメージが強いので、自分の結婚式の時も白のウェディングドレスを着ようと考えている方は多いのではないでしょうか。
もちろん、通販サイトでは白以外にも様々な色のウェディングドレスを購入することができますが、やはり挙式で着るウェディングドレスは白がダントツで人気です。
しかし、冒頭の通り同じ白であってもいくつか種類があります。
ポピュラーな所で言うと、ホワイト・オフホワイト・アイボリーなどです。
白なのだからどれでも同じようなものなのではないかと思われるかもしれませんが、実は全く受ける印象が異なります。
また、どの白が似合うのかも人それぞれです。
似合う色がわかるというパーソナルカラー診断などを受けた事がある方ならわかるかもしれませんが、青みが強い白が似合う人もいれば、温かみのある白が似合う人もいるのです。
なので、白のウェディングドレスを通販で購入しようと考えている方は、まずは自分に似合う白がどれなのかを把握しておくことが大切です。
自分の肌や髪に合う白のウェディングドレスを購入して、より自分の美しさを惹き立たせてください。

自分の肌に合う白を選んでウェディングドレスを購入しましょう

花嫁さんと言えば洋の東西を問わず純白の衣装を身に付けるという印象があるでしょう。ウェディングドレスを購入されようとしている方の中でも、色々な色がある中でも純白を選びたいと思われている方が圧倒的に多いです。でもそんな純白にも種類があって、それぞれ肌の色によって合うものとそうでないものがあるので、購入する際には好みだけでなく自分に似合うかどうかについても考慮すると、より結婚式で映えるドレスを着る事が出来るでしょう。一般的に通販で購入出来るウェディングドレスの白としては、ホワイトとオフホワイトにアイボリーの3種類があります。ホワイトはいわゆる純白で青みがかった蛍光灯の光のような白です。ホワイトに合うのは色味の少ない色白の肌で、さらに染めていない黒髪だとコントラストがはっきりして美しいです。オフホワイトはホワイトよりも若干黄色味のある少しくすんだ白で、落ち着いた印象があります。日本人の肌に合う白とも言われていて、通販で購入出来るウェディングドレスでも最も種類が多いです。アイボリーについては生成り色とも呼ばれる色で、薄いクリーム色をしています。日焼けした肌のように濃い肌色をしていると白はコントラストが強すぎて浮きがちですが、アイボリーならほどよく肌の色に馴染んでくれるのでお勧めです。

教会式に合うウェディングドレスを通販で購入する

通販でウェディングドレスを購入する場合、ショップのように店員さんに見繕ってもらえないので、教会式で式を挙げる場合にどのようなウェディングドレスを選んで購入すればいいのか迷ってしまうかもしれません。通常日本で行われるキリスト教の教会結婚式については演出的なものですので、特にこれを着用するべきというようなドレスコードはありません。ただ厳粛で申請な雰囲気のある教会が会場という事で、その雰囲気にマッチさせドレスにしたほうが相乗効果でより花嫁さんの美しさを際立たせてくれるでしょう。ではそもそも教会式に似合うウェディングドレスというのはどういうものなのでしょうか。基本的には神聖な雰囲気には、清潔感や上品さといったものが際立ったものが合いますので、クラシカルなスタイルのウェディングドレスがマッチします。色はホワイトやオフホワイトなどの純白で、シルエットはAラインやベルラインといった伝統的なものがぴったりです。また教会式では参列する方達に後ろ姿を見せる事が多いので、バックショットが美しいドレスも合います。ロングトレーンと呼ばれるスカートの後方が長くなっているものは、バージンロードを歩く際にもその美しさが際立つでしょう。通販で購入される際には参考にしてみてください。

RECENT POSTS

TOP